コピー機のリースと購入はどちらが有利なのか

オフィスに設置するコピー機を新品にしたいならば、レンタルという選択肢はありません。

なぜなら、レンタルは中古品を貸し出すサービスだからです。つまり、新品を導入するなら購入かリースのいずれかに絞られます。両者を比較すると、購入はまとまった資金が必要になるのが基本なので、余裕資金、もしくは融資が必要になります。あるいは、割賦購入する道もありますが、基本的に購入時の負担が大きくなります。それに対し、リースは支払いの負担を分散する契約内容ですから、比較的利用しやすい特徴があります。購入した場合に必要になる固定資産税の納付や、保険の加入を心配しなくて良いことも大きな利点です。

そして、コピー機をリースする最大のメリットは、従業員の業務の効率を上げ続けることができる点です。コピー機は年々進化しており、大きなモデルチェンジが起きると便利な機能が追加されます。リースだと定期的に新たな機種に変更することになるので、業務効率が上がりやすくなります。会社が成長するためには、従業員が効率よく仕事を進めることが不可欠です。

同時に、これは無駄なコストを引き下げることにもつながります。リースを活用すれば、会社の経営効率が高まる可能性が十分にあります。それに対し、購入だとその機種を少しでも長く使い続けようとしてしまいがちです。まとまった資金が必要になるため、節約マインドが働いてしまうからです。モデルチェンジの波に乗れなければ、業務効率の改善は期待できませんし、人件費の削減などの効果も味わえません。この差は決して小さいものではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *