コピー機のリース契約について

コピー機のリース契約では、一定の期間例えば1年などのように期間を区切って締結するのが一般的です。

その期間が終了すれば改めて契約を結び直します。もしくは新しい業者を選出し、そちらと結び直すものです。新しい業者と契約を交わすメリットは、価格やその他のサービスでよりよいところを選べる点にあります。コピー機のリース会社は地域に複数存在するものですから、借りる側がある程度は選ぶことが出来ます。価格面やその他のサービス面で選ぶことで、有利な対応が期待できるものです。また固定費の削減に繋がり、利益を出す民間企業にとっては重要なことに繋がります。同じ業者に依頼をし続ける場合でも、契約の更新時では価格の値下げなどについて話すことが大事です。

同じ価格でないとだめなのかあるいは多少なりとも下げる余地があるのかは、業者に聞いてみないと分かりませんので、聞いてみる価値はあります。コピー機のリース会社の言うままにそのまま契約を更新する必要性は通常ではありませんので、言ってみることに意味はあります。故障時などでも対応がいいところとあまりよくないところなど、業者によってまちまちです。そのため依頼したけれども対応がよくなかったところとは、次の契約で考え直すことでよりよいサービスに繋がる可能性が高いです。業者側もなぜ外されたのかを考え、次の契約を取ろうというときには対処を考えてきます。業者間で価格とサービス面の競争を促すことがとても大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *