コピー機をリースするときは機能や保守サービスが重要

コピー機をリースする場合、本体機器は基本的には大きな性能に違いはなく、主流のカラー印刷・FAX送信・スキャナ読込・データ転送の機能や、拡大縮小・両面印刷などの機能は基本的に全て搭載されてます。

ただ、あくまでビジネスで使うもので、使えるか確認してないと契約してから、実は使えなかった場合に困ります。その場合もキャンセルは出来ませんし、コピー機のリースだと契約期間中は満了するまでは解約が不可です。機器によってオプションや非対応な機能もあるので、選ぶときには必要な機能が揃っているか確認が必要です。次に、コピー機をリースで保守サービスはどの業者が来てくれるのか会社名やホームページなどを調べます。保守サービスは24時間いつでも営業しているわけではなく、営業日も会社によって違うためどの曜日で何時まで対応可能かや、時間外だとどうすればよいかも見た方がいいです。カウンター保守契約はいつでも連絡すれば解約は出来ますが、再契約は難しいです。

これは、どの状態かわからない機器の保守を途中から引き継ぐには、修理を行う企業からするとリスクが高いためです。一度契約したら、後から保守会社の変更は難しいと思った方がよく、導入前には実際に来てくれる保守会社のことも調査したほうがいいです。コピー機をリースするときは、自社の月間印刷枚数を把握・印刷枚数に最適なスペック・保守サービスは出来れば自社保守、機器の料金システムと見積もり書も明細をしっかり確認することが選び方の基本です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *