コピー機リースの審査は意外に通りやすい

コピー機のリースを利用するには、与信審査を経なければなりません。

コピー機の本体価格とリース料(金利や手数料、固定資産税、保険料などが内訳)の合計金額を、5年程度の期間にわたり、分割して1ヶ月ごとに支払わなければならないからです。利用する会社などの将来の経営に問題がないかをチェックするために、与信審査は行われます。法人しか利用できないイメージが強いものですが、必ずしもそうとは限りません。個人事業主やフリーランスの利用を認めているサービス会社も増えています。ただし、コピー機のリースはBtoBの取引を前提としているため、開業届を提出していなければ、利用することは極めて困難です。

例えば、個人の趣味として利用する場合や、子どもの受験勉強用に家庭に設置する場合などは、認められません。これらの場合、レンタルサービスを利用することになります。契約内容にもよりますがコピー機リースの与信審査はハードルが低めです。1台だけ導入するとなれば、金額は少額です。個人事業主なら滞納歴や借金がないことを満たせば通過できる可能性があります。年齢が若ければ有利になりますし、連帯保証人を付けることで利用しやすくなります。また、綿密な事業計画書などを提示することも有効です。個人事業主だからといって諦める必要は全くありません。さらに、複数社にサービスの利用を申し込めば、どこかの与信審査にパスできる可能性が高くなります。コピー機のリースは初期費用がかかりませんから、利用を検討してみる価値があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *