コピー機のリースでは本体価格と保守料金が必要

リースのコピー機は、本体の価格と保守料金がかかります。

保守料金は保守契約でかかる費用で主にカウンター契約が一般的です。本体価格は毎月定額費用で契約書に明確に記載されているのでわかりやすいですが、保守料金は機器の月間使用枚数で変わるので導入してから予想以上の高額な費用になったりします。コピー機のリースの本体料金は、いわゆる機器にかかる金額のことで給紙カセットやADF、フィニッシャー・ステープルなどのオプション機器を追加したら本体料金に上乗せされます。コピー機のリースだと本体価格を5年から7年分割して金利など諸経費を含んでから毎月固定の料金が決まります。現金で導入すると業者から提示された金額を支払うことでその後にかかる本体料金はかかりません。次に保守料金は保守契約にかかる費用のことで、月に一度カウンター検針があって利用枚数によって請求が来ます。

カウンターやスポットなどと呼ばれたりしますが、全て使うことで発生する費用のことで使い続ける限りは発生するランニングコストです。保守携帯は本体のスペックに依存していて、基本的にお客が選択することはできませんが中古品だと選べる場合もあります。二つの金額について違いを理解しておけば、次に買い替えや借りたい時にも本体や保守料金が高いかや、どこへどれだけコストが必要かも判断できます。後から使用頻度が増えても印刷枚数をセーブする取り組みや、ペーパーレス化の目標設定もしやすいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *