コピー機におけるリース契約とその後について

コピー機をオフィスなどで使用をするときには、購入するよりはリース契約の方が安上がりになりしかも手間があまりかからないため、こちらを選ぶ場合があります。

通常は半年ないしは1年といった具合に中長期にわたって借りるようにしておき、契約が満了する前に今後について考えていきます。同じ業者に委託をしていくべきなのかあるいは別の業者に変えるべきなのかは、今までの契約に対する取り組み方及び単価などで総合的に決める場合が多いです。なお、官公庁などのように公金による場合は、競争入札などで決める場合が多くなります。いずれにしても、コピー機のリース契約では競合他社が多くあり、決める主導権を借りる側が握れたりします。

契約が終了する前には複数の事業所から見積もりの依頼を出してみて、より条件がいいところを選ぶのがポイントです。前の業者との関係があるからといって、別の業者に切り替えないというのでは単価などでより優位な業者をみすみす逃す可能性があります。同じ条件下でなるべく競わせ、よりいいところと契約を交わすことが出来れば、今後もやりやすくなるものです。

同じ条件下でコピー機のリース契約を続ける場合でも、よりよい条件が出てくる可能性があります。特に機種などは年々進化をしており、競争させることが大切です。同業他社と競争になっていると思えば、よりよい条件を提示せざるをえなくなりますので、有利な条件での契約が可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *