リース契約満了のコピー機は返却や再契約に入れ替えも

あらゆるものは長く使えば使うほど愛着がわいてくるので、家電でも多少古くなっても調子がイマイチにいなっても、使える限り使おうとします。

自宅で使う家電商品などは、購入して使用するので好きに使えますが、リースするコピー機はそういうわけにもいきません。数年間の契約期間の間は使い続けることができますが、やがてやってくる契約満了を迎えたら、必ず機器は返却をすることになるためです。数日ではなく5年以上もほぼ毎日顔を合わせて使うのですから、愛着が出てきますし自社の物といった感覚もわいてくることがあります。ところがコピー機は借りた機器であり、所有権はいくら長く使ってもリース会社にあるため、自分たちの物にはなりません。長年使用をしてきたために使い続けたいなら、再契約をして返却することなく使い続ける手があります。

もう使わないなら指定場所へと返却をすることになり、その際の費用の負担は基本的にユーザー側です。しかし契約満了というのは良いタイミングであり、新機種との入れ替えにも適しています。ずっと愛用をしていた機種を再契約で使い続けるのもいいですが、契約満了で新しい機種を導入するのも悪くはありません。事務所で使うリースのコピー機の入れ替えには良い面もたくさんあり、まずカウンター料金をこの際に見直しができるのも利点です。現状での使用にマッチした最適な機種を選べますし、新商品を取り入れることで機能面のアップも期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *