複数のコピー機リース業者に同時期に審査依頼を

申し込みさえすれば必ず契約できると思いがちですが、コピー機をリースするには事前審査にパスする必要があります。

誰でも即座に可決が出るわけではなく、通過できなかったら残念に思いますが、詳しく理由を教えてくれるわけでもありません。どうしたら審査で可決を出せるかですが、1社だけに狙いを定めることなく、同時に複数のコピー機リース会社に審査をしてもらうことです。一律で全国の業者が同じ審査をするわけではなく、審査基準がそもそも違うので、パスするかしないかは業者でも違います。それが同じ条件であっても、出てくる結果が異なることがあるため、諦める必要はありません。

審査基準は明確に具体的に公開をされてはいませんので、審査依頼はいくつかの業者にすること、その方が通る可能性があります。細かく1社ごとに審査して結果待ちをして次の業者に依頼するのではなく、審査依頼は同時期にするのがポイントです。もしも審査に落ちたとして、ほかの業者にその情報が伝わってしまうと不利ですから、同時期に審査依頼するようにします。新規会社設立の時などであれば、コピー機のリース審査の申込書にも意識をして、有効に働くような資料を添えることです。

会社自体の情報量が少なくなるのは、新規開設の会社として仕方がないことですが、それを補うために業者にできるだけたくさんの情報を伝えるようにします。主要取引先となる企業の情報だとか、前職での信頼されるような経歴や、信用を持たれやすい国家資格なども有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *