コピー機をリースで導入するべきパターン

コピー機を導入するさいの選択肢としては、購入する方法とリースやレンタルを使って借りる方法の二つがあります。

購入する方法は最もわかりやすいもので、また会社の資産となるものですが減価償却をしなければならず正常の処理がやや煩雑です。それほど大きくない会社であれば購入するというのも方法のひとつですが、コピー機を動かし続けるためにはメンテナンスを行う必要があり、それらの費用も考えればリースやレンタルの方が都合が良いと言うパターンもあります。リースを選ぶパターンとしては、コピー機でも最新機種を導入したい場合で、メンテナンス費用を抑えるという場合です。

リースの場合には、リース会社が依頼した会社が指定した機器を代わりに購入して、それを契約期間貸与するというものです。代わりに購入するものですから導入されるのは新品で、中古品であるレンタルと比べれば月額の支払う費用は大きくなりますが、新品ですので故障のリスクが非常に小さいということが挙げられます。

それに最新の機種ですし指定したものを導入することができますから、機種選択の制限があるレンタルと比べれば思った通りのコピー機を導入することが可能です。費用という点で見れば不利なケースですが、コピー機を使ってより高度な書類作成をしているという場合には、機種指定をしなければならないことも多くそのような点で新品を導入できる方法では、初期費用を抑えて複数導入することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *