リースコピー機の保守契約で重要なのは高いクオリティ

カウンター保守契約はコピー機のリース契約でもよく知られる種類ですが、支払いは毎月ありますので気になるのは保守料金です。

金額的なことに意識はいきますが、もっと大切なのはいくらかかるかだけではなく、品質が高いことが重要になります。高額だから全て完ぺきとは言いきれませんが、あまりにも安価なサービスに不安を感じない人はいません。例えば毎月の支払いが3千円の保守料金で安いものの、何かあった際に依頼してき来てくれるのは1週間後では遅いと感じます。値段は少し上がって月に1万円の支払いではあっても、電話したらその日に修理に駆けつけてくれるなら、多くの人が選ぶのは1万円の方です。

リース契約で導入をするコピー機は、オフィスで使用することが多いですが、ビジネスシーンですから故障時の対応もスピードが何より求められます。中古ではなく新品の機種を導入することができるので、最初から故障ばかりというのは考えにくいですが、5年以上の長い契約の中で、使う頻度が多くなるほどダメージを受けるのは避けられません。

精密機器でありデリケートでもあるため、使えば使うほど修理をする機会も増えてきます。トラブル発生時にいつお対応が遅いと、日々の業務にも支障をきたすかもしれません。こうした全体的なことを考えても、コピー機のリース契約時の保守契約は、激安なら良いというわけではないことがわかります。ある程度の保守契約の支払い料金だとしても、サービスの高いクオリティがある方が大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *