コピー機をリースにした方がいいケース

コピー機を買うか、借りるか検討中ならそれぞれのメリットとデメリットをよく考えなければいけません。

借りるタイプであっても、リースとレンタルでは異なります。最初に考える要素は使用する期間です。短期間か長期間でかかる費用は違ってきます。コピー機をリースにすることのメリットとしては、経費扱いができるという点です。所有権はないものの、他の事務用品と同様経費扱いができるため税金対策になります。一円でも節税したい場合には大きな利点です。逆にリース料金に対して税金がかかることがありません。なぜならコピー機を購入したのではないからです。購入したなら財産とみなされ税金がかかります。他にもレンタルと比べて毎月の料金が安いという点も挙げられます。コピー機をリースにした方がよい最も大きな理由は最新機種が使えることです。

最新機種を購入するとなるとかなり高額になり負担になります。手頃な値段で最新機種が使えるというのは嬉しいことではないでしょうか。単に書類を白黒でコピーするだけなら、多少古くても問題ありません。しかしカラー印刷や発色などにこだわる場合は当然新しい機種が良いはずです。たとえばアートやデザイン関係の会社であれば、コピー機にもこだわることでしょう。購入かリースかは使用期間以外にも、総合費用をよく考える必要があります。メンテナンスなどのサービスがどれほど含まれているかも要チェックです。途中解約できるかどうかも確認しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *