最新機種のコピー機の導入ができるリース契約

すでに会社を運営してるならもちろんのこと、オフィスにはコピー機が欠かせませんが、多くの企業で選ぶのはリースでの導入です。

起業をして間もない会社でもやはり必須の機器ではあるものの、立ち上げ初期の段階で高額な買物を次々するのは経費に負担がのしかかります。一からスタートするのが起業であり、何かと物入りになるのも起業初期です。必要とは言えOA機器の導入はコスト面での負担が大きいものの、コピー機はリース契約にすればその分だけ大きな初期費用をかけることにはなりません。購入ならまとまった資金が消えますが、このやり方なら会社をこれから運営するために資金を回すことができます。

誰でもOA機器を使うのであれば新しい方が良いと考えますが、最新機種を入れるとなれば、当然費用面での負担は大きくなるばかりです。多数の魅力あふれる商品がある中で高額な機器ともなれば、数万円ではとても手に入ることはありません。トータル的に高額な最新機器を選ぶと、高機能ではあるものの100万円ほどかかることもあります。しかしリース料金での契約でコピー機を導入すれば、最新機種を導入しても大きな負担にはなりません。加えて税法上全額経費として、会社での処理ができるのも大きなメリットです。所有権を持つわけではありませんので固定資産税の支払いもないですし、減価償却の手続きも行う必要はありません。事務員にとっても経理担当部署にとっても、これらは仕事とはいえ厄介な手続きですから、面倒な処理がないことも良い点です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *