コピー機のリース契約でのメリット

複合機の導入の際に優先されるスペックのひとつにコピー速度が挙げられます。

現在では複合型の事務機器の性能は上がり、ほとんどのオフィスではネットワーク化が進んでいます。多機能でもコピーやプリント速度は作業効率にも関わり、作業環境にあっていないとストレスになることもあります。複合機の価格は機器自体の性能に反映されるために、印刷速度の速いものは本体も大きく高額になります。一般的に導入を検討する場合、コピー機などはリース契約で導入する機会が多くなっています。コピー機をリースで支払うメリットは多くありますが、契約期間中は定額で利用することができ、期間を満了すると新たな機器に更新することができます。

月額料金と合わせて、メーカーとカウンター契約を結ぶことで、用紙以外の消耗品などの交換も無料で行え、修理やメンテナンスなどで別途料金が発生することはありません。契約期間が終わっても機器に問題がなければ再契約することも可能なので、状況に応じて支払いを選択することもできます。企業として経費の節減も可能になるので、コピー機などをリースで契約するメリットは大きいですが、デメリットも少なからずあります。会社によって状況は変わりますが、契約の際に事前審査があるために、料率を低く設定している会社は査定が厳しくなるために、契約できないこともあります。期間中は途中解約が不可能なので、使用していて機器に不満があっても契約満了までは使用を続ける必要があるために、見積の段階で十分検討することが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *