コピー機のリースのために知っておきたいこと

リース契約でのコピー機の導入は、初期費用がかからず、購入すれば高額なコピー機を月額で利用できる方法です。

オフィス業務に欠かせないものとは言え、機種によっては数百万円になることもあるコピー機ですから、導入しやすいのはメリットが大きいと言えます。また、費用は経費扱いになるので、事務処理も購入の場合より楽になります。リース契約のプランは会社によって様々ですが、利用しやすいリーズナブルな料金プランのものもありますし、実績が豊富な会社やサポート体制が充実している会社であれば導入後も安心です。

毎日のように利用されるコピー機は新品であったとしても故障やトラブルの可能性がつきまとうのですが、いざというときにもスピーディーに対応してくれるアフターサポートがあれば業務に支障をきたさず、長期間でも利用しやすいからです。また、迅速なサポートを受けるには自社の近くに拠点がある会社を選んでおくのも大切です。リース契約のデメリットとしてあげられるのは、総額だと高くなることや、中途解約ができないことなどです。また、激安のプランではそのぶんコピー機の性能が低くなる傾向もあります。低価格で導入できても業務で使いづらいのでは意味がないため、業務に必要と思われる性能は満たしているものを選択することが必要です。満足できるリース契約にするには、メリットとデメリットを把握して、複数の会社のプランを比較検討しながら決めましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *