コピー機の購入は実は面倒リースなら簡単導入可能

コピー機を購入してオフィスに設置しようとする場合、事務作業が非常に煩雑になるデメリットが生じます。

購入すれば、資産としてカウントすることになりますので、経理の手続きが複雑になります。また、コピー用紙やトナーなどの消耗品の調達から固定資産税の納付、保険契約の締結や保険料の納付、さらには廃棄する時の処理も法制に従って行わなければなりません。場合によっては、金融機関からの資金調達も必要になるでしょう。一方で、コピー機をリースで導入すれば、こうした面倒な手続きからは解放されます。

この方法を利用すれば、先ほど述べたような手続きの大半はリース会社が代行します。経理の手続きこそ自社で行わなければなりませんが、中小企業の場合はこの手続きも非常に簡単です。なぜなら、支払った料金は経費として100%処理することができるからです。資産に計上して減価償却の手続きを行う必要はありません。消耗品の調達については申し込みすれば運んでもらえますし、税金や保険、コピー機の搬入や撤去などは全てリース会社に一任することになります。さらに嬉しいことに、リースでは5年に1回を目安に、一定期間ごとにコピー機をバージョンアップできます。コピー機は業務効率を改善することを目的に、年々新しい機能を搭載したり、コストダウンにつながる改良が行われています。従業員が効率よく仕事に取り組むことができ、コストも削減できるとあれば、その会社の業績は上がりやすくなります。こうした種々の理由によって、購入よりもリースの方が優位性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *