コピー機のリースにはこんなメリットも

ペーパーレス化の重要性が叫ばれている昨今、コピー機の役割は低下していると思い込んでいる方は少なくありません。

しかし、近年のコピー機はペーパーレス化や業務の効率化が推進されている昨今の状況に合わせ、確実に進化しています。例えば、新しいコピー機ともなればOCR機能が搭載されており、手書きや印刷された紙の文書を電子化することが可能です。最新の機種ではAIが活用されており、従来のOCR機能では読み取れなかった文字まで推測して正確に読み取ることができます。今まで紙として出力して確認していたというオフィスでも、この手間を大幅に削減することが可能になりました。さらに、ほとんどのメーカーの新しいマシンでは、パソコンからダイレクトに相手にFAXを送ることが可能です。無駄な手間もコストも削減することができます。

リース契約では通常、例えば白黒1枚当たり2円というように、カウンター料金が発生します。当然のことながら、このカウンター料金は印刷すればするほど料金が増えるものです。しかし、リースを使って上記のようなペーパーレス化にもつながる機能を搭載しているコピー機を導入すれば、このカウンター料金を節約することにもつながります。このように、リースを使って優れた機能を持つコピー機を設置することで、従業員の事務仕事の負担が大幅に減り、コストの削減も実現できます。これまでレンタルで中古品を借りる方法で導入してきた事業所や、中古品の購入で賄ってきたという事業所においては、リースを検討してみてはいかがでしょうか。きっと業務の効率化やコスト削減につながる有効な手段が見つかるはずです。
コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *