コピー機のレンタルは予算を組みやすい

コピー機の導入で事業主を最も困らせるのは予算についてです。

購入するとなるとまとまったお金が必要になりますし、トナーなどの消耗品のコストや、故障時の対応で追加費用が発生します。リースは非常に便利なシステムですが、リース契約とは別途で保守契約を締結しないと修理対応やメンテナンス対応が行われない複雑さがあるのも事実です。それに対し、レンタルは非常にシンプルな料金体系となっています。

原則として1ヶ月ごとに発生するレンタル基本料金と、1ヶ月ごとの印刷枚数を数えて算出するカウンター料金の合計額が、その月の支払い料金です。トナーなどの消耗品はカウンター料金に、修理などの対応は基本料金に含まれていますので、別途でコピー機の修理やメンテナンスにかかる費用を負担することは基本的にありません。シンプルな料金プランであるため、毎月の予算を立てやすいメリットがあります。カウンター料金制なので、無駄な印刷を削減することでコストを減らすことも可能です。少し注意しなければならないのは、契約時と解約時に発生する搬入搬出費です。

コピー機をレンタルするとなると、まずはじめに設置場所にマシンを運搬・設置してもらい、各種の設定を行ってもらう必要があります。これが搬入費です。撤去する場合については逆の手続きが必要になり、搬出費を支払うことになります。コピー機はサイズが大きく、なおかつ重たい精密機械です。運搬のプロに任せなければ破損してしまう可能性が高まるため、レンタルではこの費用を利用者が負担しなければなりません。この搬入搬出費はレンタル会社によって大きく異なります。予めチェックしておくべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *