オフィスにコピー機を導入する場合はレンタルが得策!

オフィスにコピー機を導入する手段として購入とレンタルが挙げられます。

購入するメリットは自己資産として自由に扱えることですが、サポート面などに関してはデメリットも多いです。一方、レンタルは契約更新の際に支払いが生じますが、それ以外に大きなデメリットはありません。コピー機がなぜレンタルと相性が良いのか理由を知っておきましょう。大きなメリットとして、コピー機は多くの消耗品で構成されているハードであることが挙げられます。長く使っていると、摩耗や劣化によってそれらの交換が必要になってきます。

購入した場合は替えの部品も自費で買わなければなりませんし、そもそも方法が分からずにうまく交換できないことも珍しくありません。それに対してレンタルしたコピー機であれば、基本的に自分で替えの部品を用意しなくても大丈夫です。保守契約を結ぶのが一般的であり、消耗品が切れた場合はリース会社に連絡するだけで済みます。

そうすると担当のスタッフがやってきて交換してくれるので、方法を把握しておく必要もありません。調子が悪くなった場合も、原因について調査する必要もなくすべて任せられます。これは業務で忙しいオフィスにおいてとても大きなメリットです。交換や修理に時間をとられることなく、本業に注力できるので生産性がダウンする心配がありません。ソフトウェアの更新も行ってくれますし、自分でアップデートする場合も詳しくアドバイスをしてもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *