企業がコピー機のレンタルを利用する理由

企業がコピー機のレンタルを利用する理由は、企業の設備管理の仕組みと大きな関連性があります。

一般的に個人が様々な機器を購入する場合には、これにかかる税金は購入する際に支払う消費税だけで、その他の部分は所有していても問題はありませんが、法人の場合には様々な経費が優遇されている反面、財産となる設備にはその金額に応じて税金を課税する仕組みとなっています。そのためコピー機を購入した場合にはその代金に対する課税がされることになるため、支払わなければならない税金の金額が増えることになります。

これは大きな損失と考えられる面があるため、税金のかからないレンタルを利用するケースが非常に多くなっているのが実態です。コピー機をレンタルすると、その費用は業務を行うための諸費用と考えられることが多く、そのためにレンタル費用は非課税となることが少なくありません。このような税金対策により、企業がその料金が高くてもコピー機のレンタルを利用する大きな要因となっています。

また自らコピー機を所有するとその経費を効率的に消化するために数年は利用をし続けなければなりません。最近ではこれらの機器の世代交代が激しいため、すぐに交換しなければ作業効率が悪くなってしまうこともあり、そのために自らの会社で購入をする事は、これらの機器の世代交代に対応することができず、将来的にその設備が無駄になると考えられる面があるのも大きな理由となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *