コピー機のレンタルとリースは似ているが異なる

コピー機はビジネスでは必須の機器でありますが、複合機になると値段は数十万円します。

そのため、気軽に購入するのは難しく、小規模の会社や個人事業主であれば買いたくても買えないということがあるかもしれません。そういった場合におすすめなのが、コピー機のレンタルサービスです。コピー機を利用する期間だけ費用を支払うので、一度に機械代を払う必要がありません。また、もともと短期の利用を想定しているので、解約なども自由に行うことができるので、返したいときはすぐに返却出来て余計な費用も掛かりません。

リースもレンタルと似ていますが、こちらは長期の利用を想定しており、分割払いで機器の費用を支払っていきます。リース期間が終了した場合は新しい機器に乗り換えることもできるので、長期の利用を想定しているならリースもおすすめです。こちらもレンタルと同様に一度に機器代を支払う必要がありませんし、レンタルと比べると毎月の支払は安くなります。それぞれメリットが異なるので、事情に応じて使い分けるのがおすすめです。

他にレンタルは機器が中古になりますが、リースなら新品を選ぶことができますので、そうしたポイントも考慮するようにしましょう。もちろん、中古であっても整備はきちんとされたコピー機が貸し出されますし、トラブルがあった場合も修理や交換などをしてもらうことができる他、必要十分な機能を持ったコピー機が借りられるので機能面で困ることはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *