コピー機のレンタル方法

コピー機を会社などに導入する方法には、購入・レンタル・リースの大きく分けて3つがあります。

購入する場合は資産になりますが、メンテナンスができる人材やコピー用紙などを自分で用意する必要性があります。昨今では機材自体の値段は抑えられている傾向がありますが、インク代が高くなり年々新しい機種が出るため古い機種のインクが手に入りにくくなる点には注意が必要です。リースは長く借りることで1月あたりの料金を安く抑えることができるというメリットがありますが、審査に時間がかかるほか途中解約ができないというデメリットもあります。

そのため新しい機種に変えたいと思った時にスムーズに移行できずに、お金が余計にかかってしまう事がある事は覚えておきましょう。その点コピー機をレンタルする方は、短期間でも利用しやすいというメリットがあるためレンタルオフィスや1日だけ必要なイベント会場でも取り入れやすいのが魅力です。審査も必要がない場所がほとんどですので、急にコピー機が必要になった時も利用できます。

トラブルがあった場合でも対応してもらえるので、電子機器が苦手な場合やはじめてコピー機を導入する場合でも安心です。コピー機のレンタル方法は、サービスを行っている会社に依頼することで行えます。大量印刷が必要か、コストパフォーマンスを重視するのか、スピーディーに印刷できるものがよいか、画質が良いものを必要としているのかなど希望を使えれば対応してもらう事も出来るので参考にしてみて下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *