返却期日とコピー機のレンタル

コピー機をレンタルにて使用をする場合、その返却をする期日に注意が必要です。

多くの契約では、最初に契約書面にて借りる最初と終わりに当たる返却の期限が設けられており、それを超えてしまうとペナルティが課せられていることがあります。そのペナルティを受けないようにすることで、不要な出費を避けることに繋がります。始期があっても終わりを特に設けていない場合もあります。このときには日割りにて計算を行う場合が多く、不要に長く借り続けているとそれだけコピー機のレンタル費用が嵩んでしまうために、この場合も注意が必要です。使い終わって不要になったらすぐに返すことで、出費を抑えられます。利用を計画的に行うことが重要と言えます。

契約期間以外にも注意が必要なポイントして、途中での故障が挙げられます。多くの場合、他の機種への借り換えが出来るとしていますが、中には乗り換えが出来ずに改めて契約を行わなければいけない場合もあります。最初の契約段階でチェックをよく行い、万が一の時にどうするべきかを考えておくことも重要です。

なお、付属品類特にインク代などは借りる側が負担をする場合が多いですが、貸す側が一括してコピー機のレンタル費用に上乗せしていることも見受けられます。印刷枚数での縛りはあまりないですが、インク代などの出費についても、使用頻度などを考えて決めることが大切です。使用頻度がごく短期間などのときに利用をするなど、限られた環境下での利用に適しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *